細切れ時間の活用

細切れ時間とは、通勤中の電車や車、また少しの待ち時間など細かく切れた時間のことで、これをどう活用するかによって学習の効果が変わってきます。

細切れ時間で一番活用できるなと思うのが、「携帯電話」です。

なぜ携帯電話なのか?

1.いつも携帯している道具(当たり前ですが)
2.どこでも話せる(公共のマナーを守っていれば)
3.簡単にできる

これを満たしているのは携帯だけなんですね。携帯で用事を思い出してメールをしたり電話をすることはどこでもできることなので、覚えているならあとでやってもいいかもしれません。もちろん通常言われている「テープを聞く」「本を読む」ことは当然のことながら続けてくださいね。別なページで良かったテープも紹介しているので、良かったら覗いてみてください。
| 日記
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。