加速学習の2つの方法

加速学習をするには2つの方法が考えられます。

1.自宅学習

2.会社で仕事で使う能力の学習

です。

私は会社でプレッシャーを受けながらの学習が特に効果があると思います。人間プレッシャーを受けているほど鍛えられる傾向にあるようです。

反対に自宅での学習は気が抜けてしまってやらなかったりしませんか?

なんらかのプレッシャーがあると良いでしょう。

図書館などでの勉強もいいと思います。

プレッシャーを受けることで学習が加速されます。

自分に合ったプレッシャーを受けて、加速学習をしましょう!

いろいろな加速学習についての本

今回は年末も近いということで、年末読書をされる方に向けて加速学習について3冊の本をご紹介します。

まずは加速学習では有名なコリン・ローズさんの加速学習

この本は加速学習についてよくまとまっていて、参考になります。

次にジェームス・スキナーさんの成功の9ステップ

こちらは加速学習という章があり、どうやったら加速学習がすすんでいくのかというのが書いてあります。

最後に本田直之さんのレバレッジ勉強法

これは加速学習と関係ないように思えますが、勉強法について詳しく書かれているのでおすすめです。

来年に向けて加速した学習を行いましょう♪

道幸武久さんの加速成功C

道幸さんは2つのセンスが必要だと言っています。

1つは夢をみるセンス

そしてもう1つは夢を見ないセンスです。

今メジャーリーグで活躍している松坂大輔投手が本を出していて、その題名が「夢を見ない男」だそうです。

彼は夢を見なくてもうまくいったすごい例ですよね。

夢を見なければ普通の人は叶わないので、夢見ることからはじめましょう!

さて、突然ですがあなたは受験を経験したことはありますか?

私はあります。

残念ながら志望校に受かることはできませんでした。

原因を探ってみると、勉強しようと単語帳を開いては寝ていました・・。

これでは合格できませんね!

私は勉強が得意ではなかったと思います。

だから努力し続けるのは難しいのではないか。

そういう結論に至りました。

あなたはいかがですか?

自分が得意なことなら努力し続けられると思いませんか?

道幸武久さんの加速成功B

成功曲線をご存知ですか?

成功する人は、直線的ではなく、曲線的に成功していくようです。

加速学習も一緒です。

最初はゆっくりでもどんどん早く学習できるようになってきます。


seikou.gif

成功するには平均で5〜6年、遅くて10年かかります。

ですので毎日努力し続ける才能が必要です。

ベストセラーを書きたければ、1日3時間10年間続ければベストセラー作家になれると言っています。

3時間を10年続けることはできますか?

それが続けられそうな分野を見つけられたならすでに成功かもしれませんね。

道幸武久さんの加速成功A

成功する人は直線的に成功すると思われているが、実際は必ず落ちる。

その落ちたところから上がるときにパワーがいるんです。

成功者は1500人〜2000人に1人と言われています。

成功するには、落ちたところから急激にあがってくるパワーをもっている人のようです。

でも成功しているからといっていつも勝てるわけではありません。

将棋の羽生名人も年に20回は負けると決めているようです。

なのでその秘訣は、うまく失敗するということです。

20回負けると決めておけば、負けてもいいですよね。

だから常に完ぺきを求めず、ただがんばらなければいけないところはがんばれるようにしましょう!

道幸武久さんの加速成功@

あなたは道幸武久さんをご存知ですか?

彼はビジネスプロデュースの若きカリスマとして活躍していますが、彼の言っている「加速成功」とここで書いている「加速学習」はすごく関連しています。

なぜ関連があるのでしょうか?

あなたは学習の先になんらかの成功(結果)を望んでいるはずです。

試験に合格したい、早く昇進したい、時間を有効に使って他の事をしたい・・・。

なので今回は「加速学習=加速成功」という変わった切り口で書いていきます。

NBAのマイケル・ジョーダンを知っていますか?

彼はスーパースターですが、なんとシュートを4000回も失敗したらしいです。

さらに、彼はその失敗したシュートをなぜ失敗したか覚えているようなのです!

彼はなぜ失敗したのかを研究していました。

成功するためには失敗をどうとらえるかが大切ということです。

失敗のとらえ方は2種類で、

1.失敗を消す
2.失敗から学ぶ

しかありません。

ジョーダンは失敗から学ぶことを知っていたようです。

自己投資と加速学習

最近投資の話題がさかんに行われていますが、あなたは何にお金を使いますか?

たとえば300万円あったとしたら、それを何に使うかによって大きくその後の人生に影響を与えてくると思います。

300万円でブランドものを揃えたり、車を買ったりできますよね。

ここで投資、浪費、消費の意味を考えてみようと思います。


投資⇒主に経済において、将来的に資本(生産能力)を増加させるために、現在の資本を投じる活動を指す(現代において、生産能力の増加しない商業活動はこれに含まない)。広義では、自己研鑽や人間関係においても使われる。 (wikipediaより抜粋)

浪費⇒(名)スル
金などをむだに使うこと。

消費⇒欲求を満たすために財・サービス(商品)を消耗することを指す。資源を使用することでもある。生産の反意語。(wikipediaより抜粋)


300万を投資するか、浪費するか、消費するか。

一般的には投資するのがいいと思われるかもしれません。

でも私はここであえて違う見方を提案したいと思います。

違う方法というか、違う視点ですね。

これはお金に対する考え方になります。

私は300万を投資しても浪費しても消費してもいいと思います。

結果として使った本人が納得して使っていればですが。

投資ばかりでは、自分の生活に必要なものも買えないし、他の事を我慢することになってしまいます。

浪費も楽しければたまには必要ですよね。

トータルバランスが重要だと私は思っています。

でも自己投資は将来に対しての備えとしてとても大切です。

自分の資産を有効に活用しましょう。

投資と加速学習の関係

投資⇒(名)スル
(1)利益を得る目的で、資金を証券・事業などに投下すること。
「新事業に―する」
(2)〔経〕〔investment〕生産者の実物資本の増加分。設備投資・建設投資・在庫投資の三種に分類できる。資本形成。

加速学習にお金を投資するときに、あなたは費用対効果を考えていますか?

私にもおおいに経験がありますが、加速学習を学ぶための学習になってしまい、そこで終わってはいませんか?

せっかく学習にお金を投資するのですから、投資した金額をすぐ回収できるようにしましょう。

「どうやったら回収できるのか?」

私は今の仕事に生かすのが一番近道だと思います。

仕事の効率を上げて、より多くの仕事、より質の高い仕事にシフトしていく。

もしくは資格試験に挑戦し、資格の分だけ給料アップを狙う。

自分の目的にあったお金の使い方をしましょう。

なんのために加速学習をしたいのか?

これを日々忘れなければ、多くのものを得ることができると思います。

あなたの学習が加速され、より多くの人生の時間を楽しめることを願っています。

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。